はじめての環境DNA
研究室から現場まで、実践で使える知識を!
論文

環境DNA論文 2020年4月

カマツカとヨシノボリを飼い始めました。
カマツカはシマドジョウと比べて食事する時の砂を吸う量が多くて、自分のいる場所の砂まで吸い込んでずりずりと落ちながら必死でご飯食べてるのが愛らしいです。ヨシノボリは捕食するのがかなり下手で、入れたエビを食べるのにかなり苦労しているのが愛らしいです。@しばた

環境DNA論文 2020年5月 初旬現在

3月の論文まとめに引き続き今回は3月と4月に公開された16本の環境DNA論文を紹介します。

第10章 環境DNAを用いた海洋空間計画の意思決定の情報化

Chapter Ten - Informing marine spatial planning decisions with environmental DNA
Bani et al.2020(-)

流域で繁殖する両生類であるStreamside Salamander(Ambystoma barbouri)を検出するための環境DNAプロトコルの検証

Validation of an environmental DNA protocol to detect a stream‐breeding amphibian, the Streamside Salamander (Ambystoma barbouri)
Witzel et al.2020(OA)

果樹園における無脊椎動物の生態系サービス提供者の検出:従来の方法と土壌中の環境DNAのバーコーディングの比較

Detecting invertebrate ecosystem service providers in orchards: traditional methods versus barcoding of environmental DNA in soil
Todd et al.2020(-)

eDNA技術を用いた定性・定量的検出 : Bohai海域におけるコウライエビのの事例研究

Qualitative and quantitative detection using eDNA technology: A case study of Fenneropenaeus chinensis in the Bohai Sea
Li et al.2020(OA)

生か死か:水生生物の進化と適応を追跡するためのツールとしての堆積物DNAアーカイブ

Dead or alive: sediment DNA archives as tools for tracking aquatic evolution and adaptation
Ellegaard et al.2020(OA)

オンタリオ湖の支流におけるlampricede処理中のウミヤツメ環境DNA分析

Analysis of sea lamprey environmental DNA during lampricide treatment in a tributary of Lake Ontario
Kaitlyn et al.2020(OA)

環境DNAを用いた米国西テキサス州における両生類病原体のChytrid Fungus(Batrachochytrium dendrobatidis)とRanavirusの検出

Detection of the Amphibian Pathogens Chytrid Fungus (Batrachochytrium dendrobatidis) and Ranavirus in West Texas, USA, Using Environmental DNA
Barnes et al.2020(-)

教師付き機械学習は環境DNAメタバーコーディングを用いたサケの繁殖環境モニタリング時の指標値推論において優れている

Supervised machine learning is superior to indicator value inference in monitoring the environmental impacts of salmon aquaculture using eDNA metabarcodes
Frühe et al.2020(OA)

誤差の特定とeDNAメタバーコーディング結果の正確な解釈 : 乾燥地帯の水飲み場における脊椎動物検出のためのケーススタディ

Identifying error and accurately interpreting eDNA metabarcoding results: A case study to detect vertebrates at arid zone waterholes
Furlan et al.2020(-)

環境DNA分析は野外魚類個体群の種内遺伝的多様性を推定するツールとして高い可能性を示す

Environmental DNA analysis shows high potential as a tool for estimating intraspecific genetic diversity in a wild fish population
Tsuji et al.2020(OA)

環境DNA解析を用いた日本と台湾におけるAnguillid Eelsの河川分布・量・バイオマスの推定

Estimations of Riverine Distribution, Abundance, and Biomass of Anguillid Eels in Japan and Taiwan Using Environmental DNA Analysis
Itakura et al.2020(OA)

淡水二枚貝の生物多様性評価のための環境DNAメタバーコーディング : 西南極海(ヨーロッパ亜地域) の方法と結果

Environmental DNA metabarcoding for freshwater bivalves biodiversity assessment: methods and results for the Western Palearctic (European sub-region)
Prié et al.2020(OA)

アフリカにおけるSilver carpの侵入監視:危険な流域における環境DNA(eDNA)を用いた事例研究

Monitoring the silver carp invasion in Africa: a case study using environmental DNA (eDNA) in dangerous watersheds
Crookes et al.2020(OA)

環境DNAを用いた人を捕食するワニを河口域から検出する

Using environmental DNA to detect estuarine crocodiles, a cryptic-ambush predator of humans
Rose et al.2020(OA)

環境DNAを用いたCalifornia Tiger Salamander(Ambystoma californiense)の空間分布のモニタリング

Using environmental DNA to monitor the spatial distribution of the California Tiger Salamander Ambystoma californiense
Kieran et al.2020(OA)

海中の中の一滴 : 環境DNAを用いた産卵地域の魚類群集モニタリング

A drop in the ocean: Monitoring fish communities in spawning areas using environmental DNA
Ratcliffe et al.2020(OA)

論文をまとめたエクセルファイルはこちらにあります。
更新の際にお知らせが必要な場合はこちらのお問い合わせフォームからご登録ください。

ジャーナルのCC BYに従う形で、記事で紹介したオープンアクセスの論文中の画像または、自身で作成したものを使用しています。

ABOUT ME
しばた
分析・データ解析なんでもします。環境DNA使って研究したい方、気軽に相談ください。